九州大学情報統括本部 九州大学情報統括本部 ホスティングサービス

Q1. ファイル転送にFTPは使用できるか? Q2. ユーザ数の上限を増やしたい場合どうすればよいか? Q3. ユーザをCSVで一括登録する事はできるか? Q4. メールの1回当たりの送受信サイズの最大値はいくらか? Q5. Webサーバの文字コードは何か? Q6. 停電時にホスティングサーバは停止するのか? Q7. 利用ドメイン名の制限はあるか? Q8. 管理者は学外の業者でもよいか? Q9. 外注の業者が学外から操作することは可能か? Q10. OS,Perl,PHP,Ruby,MySQL,PostgreSQLのバージョン情報を教えてほしい。 Q11. ホームページでファイル名を省略した時に表示されるファイルの名前と、その優先順位を知りたい。 Q12. 証明書をインストールしたい。 Q13. ウェブのCGIや.htaccessを有効にしたい。 Q14. 利用料金の支払いはいつ行うのか。 Q15. Shibbolth認証を使いたい。 Q16. 研究室単位で利用したい。 Q17. 利用中のドメイン名を変更することができるか。 Q18. サブディレクトリ下に置いたPHPにアクセスするとInternal Server Errorになる。 Q19. FTPアカウントで作成したコンテンツをホームディレクトリ下のディレクトリとしたURLにすることはできるか。 Q20. 転送したメールをホスティングサーバに残さない方法が知りたい。(hosting6)

トップページのアクセスにFTPは使用できません。WinSCP等のソフトをご利用ください。

情報統括本部ネットワーク事業室ホスティング担当(it-room(at)iii.kyushu-u.ac.jp)までご連絡ください。申請書を新たに提出する必要はございません。
* 上記の「(at)」は「@」とお読み替えください。

できます。

25MBです。

UTF-8 です。

停止しません。もし停止する場合には、管理者へメールにてお知らせいたします。

他と重複することがなければ、学外のものでもご利用頂けます。ただし、学外のものの場合、DNSは学外にある必要があります。

管理者は、九州大学関係者を選出して頂きますよう宜しくお願いします。

可能です。ただし、サーバはアクセス制限していますので学外からアクセスする IP アドレスをお知らせください。

ホスティングサーバ hosting6.cc.kyushu-u.ac.jp hosting3.cc.kyushu-u.ac.jp hosting4.cc.kyushu-u.ac.jp hosting5.cc.kyushu-u.ac.jp
OS CentOS 7(64bit) RHEL 6(64bit) RHEL 6(64bit) RHEL 6(64bit)
Perl v5.16.3 v5.10.1 v5.10.1 v5.10.1
PHP v7.3.10 v5.3.3 v5.3.3 v5.3.3
Ruby v2.0.0 v1.8.7 v1.8.7 v1.8.7
MySQL 10.3.22-MariaDB v5.1.73 v5.1.73 v5.1.73
PostgreSQL v9.6.14 v8.4.20 v8.4.20 v8.4.20

ファイル名を省略した場合、そのディレクトリに以下のファイルがあるとそれが表示されます。複数ある場合は番号の小さい物が優先されます。

  1. index.php
  2. index.html
  3. index.htm
  4. index.cgi
  5. index.shtml

九州大学では国立情報学研究所(以下、NIIと記載)が行う「電子証明書発行サービス」に参加しており、九州大学内のサーバへの証明書申請受付を行っています。
窓口は、情報統括本部認証基盤事業室です。

サーバ証明書インストール方法

なお、hosting6サーバ以外のサーバ(hosting3,hosting4,hosting5)でサイトをSSL対応するためには、ホスティングサーバでIPアドレスを固有に設定した仮想ドメインで再構築してコンテンツを作成する必要があります。IPアドレスを固有に設定変更することはHDEコントローラの仕様でできませんのでご注意ください。
これに伴う手続きとして、ウェブホスティングサービス申請書を「変更(SSL化)」区分で、SSL(https)を「使う」にして他は新規の場合と同様にご記入の上ご提出ください。

HDEコントローラの場合、CGIが動作するようにするためには、管理者アカウントでHDEコントローラの管理画面を開き、以下の設定を行ってください。

  1. "HOME" -> "Webサーバー" -> "ディレクトリ管理" をクリックします。
  2. CGIの「許可」ボタンをクリックします。
  3. 「設定する」をクリックします。

さらに.htaccessを有効にするには以下のように設定します。

  1. アクセス制限をかけるディレクトリを選択し "編集" をクリックします。
  2. "分散設定ファイル制御" を選択し、"All: 分散設定ファイルで設定できる全てのディレクティブを使用可能にする" を設定します。
  3. 最後に「設定する」をクリックします。

利用料金は年度ごとの納付で、毎年10月末に締めて、翌年1月下旬頃の支払期限で請求処理をしています。締めた後のお申込みや変更については翌年度から請求されます。

九州大学SSOポータルのほうで利用方法をご案内していますのでご覧ください。

研究室単位でも利用できます。要項で部局等の組織を単位としているのは、基本的に個人単位での申し込みをお断りしたいためで、申請書の上部に部局長名を記入いただいているのもそのためです。

利用中のドメイン名を変更することは仕様でできません。別ドメイン名を新規でお申込みいただき、コンテンツを移行された後、以前のドメインの廃止申請を行ってください。

cPanelの仕様でグループの書き込み権限がついているPHPのファイルまたはサブディレクトリにグループの書き込み権が付いているPHPのファイルは実行が行えない様に制御されております。アクセス権を 755 または 701 にご変更すれば動作します。

例えば yyyy@xxxx.kyushu-u.ac.jp のFTPアカウントの場合、以下のようにシンボリックリンクを設定すれば可能です。
cd public_html
ln -s xxxx.kyushu-u.ac.jp/yyyy yyyy

電子メールアカウントでウェブメールにログインし、以下の設定を行ってください。

  1. 上部のアドレスをクリックして「電子メールフィルター」をクリックします。
  2. 「新しいフィルターの作成」をクリックします。
  3. 以下のとおり設定し「作成」をクリックします。
    - ルール:「任意の受信者」が次の値を含む「※設定対象メールアドレス」
    - アクション:電子メールにリダイレクト「※転送先メールアドレス」

詳細は一般利用者向け簡易マニュアル(hosting6)をご確認ください。


九州大学情報統括本部ネットワーク事業室ホスティング担当(it-room(a)iii.kyushu-u.ac.jp)